辛夷祭2017「朧の森に棲む鬼」

原作 中島かずき
演出・出演 62期3年A組
全公演は終了しました。ありがとうございました。

公演日程

第一公演

2017年9月9日(土)
10時45分-12時00分
(一般公開)

第二公演

2017年9月10日(日)
13時15分-14時30分
(一般公開)

第三公演

2017年9月11日(月)
11時30分-12時45分
(生徒向け)



観劇方法

入場無料
予約不要

公演場所

東京学芸大学附属高校 第一体育館
〒154-0002 東京都世田谷区下馬4-1-5

Panel 1

あらすじ

いつとも知れぬ昔、世ではエイアン国とオーエ国が争いを繰り広げていた。
どちらの国にも属さない落武者のライは、そこに潜り込みのしあがる事を目論んでいた。
そんな時、オボロの森で精霊たちと出会う。

“俺が、俺に殺される時だ。そんな時が来たら大人しくてめえらにこの命くれてやる”

自分の命と引き換えに、王の座につく契約をしたライ。
王になるために嘘や裏切りを重ねながら信頼や愛を得ていくが…

“人間に正義なんかねえ、あるのは欲望の道だけだ”

その血塗られた道の先に見えるものとは?

欲望にまみれたライの生き様を通して、人間の正義、本道とは何かを考えさせられる作品となっています。

Panel 2

登場人物

ライ


頭の回転が早く、その口先で多くの人を騙し成り上がっていく。
「舌も手も全て血まみれ、それがこのライ様だ」

キンタ


腕っぷしは強いが、無邪気で素直。ライを兄貴と慕い、忠誠を誓う。
「このキンタ、どこまでもアニキと一緒だ」

ツナ


エイアン三英傑の1人。ヤスマサの妻。強く気高い。
「正義はある!」

マダレ


ラジョウを取り仕切るエイアン国一の悪党。ツナと対立する。
「このラジョウを仕切っているのは俺です、お忘れなく」

シュテン


オーエ国を率いる、男勝りで部下思いの頭目。
「飢えた獣の匂いがする」

ウラベ


エイアン三英傑の1人。勘が鋭い。
「お互い、気を付けた方がいい」

イチノオオキミ


エイアン国の王。シキブを一途に思う。
「僕にはシキブだけだよ~」

シキブ


イチノオオキミの内縁の妻。恋に奔放な女性。
「話が違うじゃない」

ヤスマサ


エイアン三英傑の1人。エイアン最強の武人。
「ここにいるのを見られた以上、死んでもらう」

オボロヒ・オボロミ・オボロツ


朧の森の精霊。
「生き血だよ、あんたの」

Panel 3 Placeholder
Panel 4 Placeholder